スポンサーリンク

ECサイト(amazon、楽天、公式店ネットショップ)購入の違い

ショップの違い
スポンサーリンク

ネットショップ 購入の違い

値段と送料

買うところによって靴屋の値段や送料に大きな差があります
運送費がお店によって5,000円以上で送料無料や最初から送料が付くお店などお店によって違います
ただ、送料が付いても安いネットショップがあったりしますので、ネットショップは値段がバラバラで、とても安いと思ったら、品切れでページが消されていなくて載っているページもあります。
特に人気のある靴に多い特長です。
ニューバランス574やリーボックポンプフューリーがめちゃくちゃ安い値段で載っていても、調べてみると定価と変わらない現象が起きていたので、極端に安いと釣りなのかもしれないと思ってしまいます。
この現象は多分、お店の宣伝効果が目的のことが多いと思います。で品数が薄いのに、名前を普及役目がある。

品切れでページが消されていない現象は楽天市場やyahoo!ショッピングに多いです。
大体検索上位に載っているものはこの現象が多い。

これは、スニーカーのランキングが確認できることに意味があって、かっこいいスニーカーはほとんど安くなりません。
例えば、人気の高いニューバランス574

定価9,900円+(税)なので、10,692円で売り出しているところが多いです。

自分が調べたところニューバランス 574は4,980円からとなっていましたが、5,000円台は在庫が1個だけとか、処分品の様な感じで、6,000円からは手に入るのですが、人気のある様な色は8,000円からは下がらないという傾向があります。
安いと品薄なので、適度な価格設定を見つけた方がいい商品がみつかります。

ただ、やることは検索で少し探すことで変わります。
少し探すだけでかなり埋もれている商品がたくさん出てきます。

「商品+カラー」で検索をかけて見ると、入り口が狭くなる分、検索上位に来ないお店が楽天上やamazon上に出てきます。
ワードを換えるだけでも、幅広い商品から濾されて目的の商品に行くからです。

たくさん調べることが安く手に入れたり、靴は特に数少ない商品が多いです。調べることでを入手しやすくなります。
こちらは送料も600円掛かっているのですが。
元が定価17,280円で、何故か知らないけれども、5,000円で売っていたプーマ ディスクブレイズ。


amazonでは9,000円から18,000円ぐらいの値段だったのに、楽天市場では5,000円で発売されていて。
地方店だったのですが、探さなかったら見つけられなかったです。
この時やったことは「商品+カラー型番」で検索して見つけました。
自分でひと手間かけることかなりお得な買い物ができ、手に入らないものも入手できます。

amazonや楽天や公式ネットショップの違い

お店でも、靴を売っているお店での少量扱っているところや靴問屋のお店、amazonみたく倉庫のところから発送のお店みたいなもの、さまざまあります。

私の買ったことがあるお店だと

amazon

楽天市場

公式ショップ

からです。

この経験から感じたものを書いていきます。

amazonアマゾンの特長

amazonの特長は届くのが早い、季節によっていついつまでの期間で物によって10%や15%オフされる。
私は結構それで購入していて、同じ商品でもサイズ違いやカラー違いで10%15%割引きされていない。
それがamazonの一番の特長です。

プライム会員が優遇されること。
amazonプライムの入っていれば、プライムの商品が多いので、送料を気にせず買えること。
年会費が3,900円で、月会費換算で325円でamazonプライムタグが商品ページに付いている商品は送料が掛かりません。

うちは前から(多分2009年ぐらいから)amazonプライム会員なので、基本プライムで買っていて、まとめ買いはあまりしたことがありません。

amazonプライムに多い届き方がこのような感じです。

シュリンクフィルムで固定されて届くスタイル


紙を丸めた梱包材スタイル

エアパッキンで包んであるスタイル

何も入って無いスタイル。

これは全てamazonプライムの靴の届いた時のものです。
amazonはプライムは基本amazonの倉庫からの発送なので早いです。

amazonの特長が、一つに商品ページに対して、サイズや色違いに様々な会社が混在して売っているところです。
それなので値段のばらつきが商品ページに起こります。
商品の中から選んでいくスタイルです。

amazon通販
長所
時期によっては最安値になる。
プライム会員は得をする。
送料が掛かりにくい。
季節ごとにファッション対象商品は期間限定の15%オフになることが多い。
並行輸入品が手に入りやすい。
ブランド力。amazonはハイソ、高級であるさま。一つの商品ページとamazonブランドがある信頼。

短所
色やサイズによって値段のばらつきがある。
欠品が多い。
プライム会員じゃないとまとめ買いをしなくてはいけない。

長所で最安値となると書いたのですが、安全靴や室内履きの靴は本当に安い値段で購入しています。
このアシックスの安全靴は15%オフの時に購入して6,000円ぐらいで購入していて、安全靴はあまり安くならないので、直ぐに買いました。

こちらは室内履きで買ったコンバースのスキッドグリップなのですが、amazonでなぜか知らないけれども、1色だけ2,000円で売っていた時があって。買ったのですが、後日見てみたら、5,800円になっていて、いい時に買ったなって。

そんな現象が起きます。

rakuten楽天市場の特長

楽天市場の特長は楽天スーパーポイントの還元率が良いので、自分にセルフバックして戻ってくるところが良い。
楽天市場は一つのお店のページに一店のお店が出している感じはamazonと多きは違いです。
一つの商品にサイズ違いの値段のばらつきが無く、個々のお店で商品を探すスタイル。
たくさんのお店が存在するので、意外と手に入らないスニーカーが手に入ったりする。

楽天市場通販
長所
楽天スーパーポイントの還元率が良い。
楽天スーパーポイントがEdyなど交換しやすい。
楽天スーパーポイントで商品が買えたり、安くなったりする。
値段が商品で統一されている。

短所
送料が掛かる。掛からなくてもいくら購入から送料無料となる。
お店によってたくさんメールが来るのがうざい。
発送に時間が掛かるところが多い。
たくさんのお店から探すのが大変で、買ってみてから、他の楽天市場のお店の方が安かったという現象も起こる。

楽天スーパーポイントの還元率もお店や商品や期間によって違います。
めちゃくちゃいい時はかなりお得な還元率。

そうでない時でも、やはり還元率はいいので買いやすいです。


梱包は楽天の場合は、自分が購入して思ったことは、8割包装紙梱包。

ABC-MARTですら包装紙梱包。

後の2割は段ボール梱包。


包装紙梱包も悪い訳ではないのですが、靴の箱がつぶれてくるかは運次第です。

私は段ボール梱包でも靴箱がぶつけられて潰れてきたことがありました。その時はamazonでしたが、こればかりは運です。

yahoo!ショッピングの特長

yahoo!ショッピングで靴を購入したことは無いのですが、分かる範囲で。
yahoo!ショッピングに出店していたら、楽天にも同じ店があることが多い。
yahoo!ショッピングにしか出店していないお店がある。
ソフトバンク系ユーザーにポイントが付きやすい。

yahoo!ショッピング通販
長所
ソフトバンク系のユーザーにはポイントが貯まりやすい。
Tカードのポイントが貯まる。
街でTポイントが使える。
yohooでしか出店していないお店がある。

短所
yahoo!ショッピングのお店は楽天市場のお店と被る。
ソフトバンクユーザー向きである。

この買ったお店はyahooにしかなくて買った気がします。

でも、後々知ったら、このお店はブラックなお店と知って。
そんな事もありました。

直接正規公式店購入の特長

公式店のネット購入の特長は、出回っていない商品が手に入る
公式店限定と言うのもあるし、オンラインショップ限定と言うのもあります。
それと、検索上位に公式店は上がりにくいために、手に入らない商品がたくさんある。

長所
手に入らない商品が多い。
被りにくい。
意外と送料無料や期間限定送料無料が多い。5,000円以上で送料無料もあります。

短所
ネット上位に上がっていないことが多く見つけにくい。


自分はyahooだけにしかお店が無い時にしか買っていません。
楽天市場とyahooは被ることが多いので、楽天を使っている人は使わないと思います。

ランキングから見える流行

ECサイト別に色味が違います。
試しに、amazonのスニーカーランキングです。
メンズスニーカー の 売れ筋ランキング

レディーススニーカー の 売れ筋ランキング

amazonは全体的に落ち着いたスニーカーが人気があります。

例えば、amazonはgoogleを通さないでamazon内での検索が多いのが有名な話ですが、聞いたことがあるのはgoogleの3倍の検索数なんですって。
それなので、膨大な数の統計なので、割と人気が分かりやすい。流行を掴めやすいです。
ただ、amazonの中でなので、amazonに無い商品は含まれない。
ただ、amzonの信頼を得ているところがブランド力です。
一つのページに信頼が有るのがamazonです。

それで、楽天の場合は。
【楽天市場】スニーカー | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)

お店の中の商品なので、ランキングの物が多いの、大きな範囲の統計が得られる。
欠点もあり、お店なので、同じ商品がランキングに入る。

それで、思ったことが、大手のランキングサイトだとコンバースのオールスターはあまりいいランキングに入らないのですが、amazonや楽天ではかなりランキング上位なんですよ。

店舗の情報とECサイト、ECショップだけの情報とでは流行が別と言うこと。

口コミや評価の多さも違いが表れます。

本当は街でどれだけの靴を履いているか、休みの日に表参道で調査すると流行が見えてくると思いますが、ECサイトのamazonと楽天市場のランキングは信用が出来ると思います。
ランキングサイトで、本当にこの靴が売れているのか?流行なのか?とあるのはもしかしたら、流行させる戦略で載っている可能性もあるのでその辺を注意すると良いです。

クレジットカード還元で安く購入する方法

キャッシュレス決済に抵抗のある方も居ると思いますが、実際には損をしています。
現金のキャッシュ払いでは還元率が非常に悪いので、年間に貯まるポイント(お金みたいなもの)も全く貯まりません。
そこで、貯まる最大の方法を私の知っている限りなのですが。

amazonで安く(ポイント還元)購入法

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードの中のポイントUPモールと言うものがありまして、それを経由してamazonファッションで購入するとポイントが9倍付きます
三井住友VISAカードは1,000円で1ポイント付いて、1ポイントは他のポイントに換えることが出来て、還元率で言うと0.5%で感じ的にはEdyなどと同じ200円で1ポイント扱いと同じです。
amazon購入時は他のクレジットカード会社と同じ1%還元になるのですが、ファッションは期間内で9倍に上がります。

9倍だと4.5%の還元率になります。
ファッションだけなのですが、一番還元率がいいのが三井住友VISAカードです。

ただ、三井住友VISAカードは年会費が掛かってしまうことです。
使う目的がある方はこちらの方がいいです。
なんたって、全世界で使える信頼のカードです。

私は海外に行くことがあるので、三井住友VISAカードを持っているのですが、年会費は初年度は掛からないのですが、次年度から三井住友VISAクラシックカードから1,250円+税が掛かるのですが、海外旅行傷害保険が付帯で付くので、それで使っています。ただし、利用付帯なので、自動付帯に場合はクラシックAカード以上からです。
世界の何処でも使えるのでいいです。
例えば、経験があるのですが、楽天カードはロシアだとATMで使えないんですよ。
何処でもお金を下せるので持っています。

amazon購入なのに、何でamazonカードではないんだ?と思うかもしれませんが、amazonカードはamazon内でしか利用できないんですよ。
それもあり、あまり浸透されていません。

三井住友カード ポイントはポイント交換が幅広く交換できるので、EdyやWAONやナナコなど電子マネーも対応しているので使い勝手が良いんですよ。
ファッションや靴やスーツケースと限られますが、一番ポイント還元がされます。

rakuten楽天市場で安く(ポイント還元)購入法

楽天カード
楽天市場の購入でポイントを貯めるには楽天カードを先ず持つことです。
年会費無料なので、エントリーをすれば5,000ポイントやキャンペーンの時は8,000ポイント貰えます。
それでも、還元率が低いのです。まだ2%です。

楽天スーパーポイントを貯める方法は楽天グループのサービスの共有です。
先ず、楽天カードを持ったら、次に楽天銀行を作りましょう。
私は最初に楽天銀行から作ってしまって、その後、楽天カードに手続きをしたら5,000ポイント貰いそびれたんですよね。
ちゃんと順番を踏んでポイントを貰いましょう。

それに楽天市場のアプリで購入や楽天グループのサービスと使っていればポイントが上がる仕組みです。
スーパーポイントアップ
最大15倍になります。

楽天グループで共有させるとこの様にポイントが貯まります。


私が行っているのは楽天カードと楽天銀行と楽天証券と楽天市場アプリでの購入だけやっています。
そうするとこの様に毎月ポイントが貯まります。

楽天カードのいいところは楽天市場以外の買い物の1%還元されるので、楽天市場以外でも使い勝手のいいカードです。
しかも、年会費無料なのに、利用付帯ですが、海外旅行傷害保険が付帯で付くので、支払えばOK
楽天スーパーポイントはEdyにも交換できるので、電子マネーになります。

yahoo!ショッピングで安く(ポイント還元)購入法

Yahoo! JAPANカード

ソフトバンクやY!mobile(ワイモバイル)系は恩恵を受け、Tポイントが一番貯まるカードなのですが、カードとしての魅力が少ないです。
yahoo!ショッピングだけならいいですが、他の使い勝手が悪いのと、携帯会社の通信利用者以外はそこまで還元を受けることは無いです。
Tポイントの交換が限られている。suicaへのチャージしかない。

カードとして魅力が無いのが、海外旅行傷害保険が付いていないことです。
これが付いているだけでクレジットカードの年会費を払っているだけの意味があります。

セルフバックをすれば普通の購入で、小さなポイントでも年間を通せば何万単位とポイントが自分の元に帰ってきて、還元されます。
知らない方は損をしていますので、クレジットカードをうまく利用すればとてもいいカードです。
支払いは1ヶ月後の月末か2ヶ月後の月初め、クレジットカード会社によって違いますが、正しく使うとポイントもたくさん貯まります。
キャッシュレスの恩恵です。

靴をネットショップで買う長所メリット

私はいつも思うんですよね。

ネットで新品の靴やスニーカーを買った時は、洗濯したての靴下に穿き変えて、新調した靴を履くようにしています。

これは靴が好きだから大切に履きたいという気持ちがそうさせるのですが、これがお店で靴を買った時はだれが試し履きをしたか分からないので、中には汚い靴下で履いたり、素足で履いた人もいるかもしれないじゃないですか。

それが嫌なので、ネット通販で靴を購入しています。

ネットで靴を買うことの長所がそこです。

店頭販売ではなく、倉庫型でストックがあってのネット販売なので、試し履きもされていない靴が届きます。
中には試し履きをされたであろう、中の包む包装紙が切れていることもあります。

でも、雑に扱われたり、誰が履いたか分からない様な靴は少なくなるのがネット購入の良さです。

自分がこれから履く靴は大切に履きたいので、それもあり、自分の足のサイズが分かっていて、メーカーごとのサイズ感の違いが分かっていればネットで購入します。

もう一つネット通販で靴を買うことの長所は出回らない靴が購入できる

売り買いのことなので、在庫を残したくないから、お店としては売れる靴しか置きません。

マイナーな売れ残りするものは市場に出回りにくいのですが、ネット通販は大手は大体倉庫を持っています。

そこから発送されます。

それなので、手に入らない様な靴や好みが分かれるその層には人気があるような靴がネット通販だと手に入りやすいことです。

お店になったり、チェーン店になるとメーカーのカラーが違ってきます。

映画館で映画を配給するのと同じように、売る靴もカラーがあります。

ネットショップなり、ネット通販だと、その壁が取っ払われます。

だから、探していた靴がみつかった。手に入ったとなります。

店舗型の売り買いから、倉庫型の売り買いの違いがそんなところです

私の思ったネットで靴購入の長所、メリットはそこです。

一応ネットで靴購入の短所、デメリットも載せておくと、一番はサイズ感が分からない
足のサイズだけで買っても、メーカーによって大きさが違うからです。
横幅が狭かったり、足先が窮屈だったり。

ある程度のメーカー別の目利きが出来ないといけませんが、分からなかったら、私のサイトに商品を載せていたら、それを見て参考にしてください

私は大切に履きたいから、試し履きがされていないネット購入が好きで、買っています。

まとめ

amazonにはあって、楽天に無かったり。
楽天にはあって、amazonに無かったり。

amazon内でしか検索(ECサイト内検索)しない人は楽天では探さない人も居ます。
googleで検索すると検索ボリュームがありすぎて見付けにくいのあると思います。

googleの検索は広告料を払って上位に上げているサイトも多いので、そんなに安くなかったりするのが現実です。

ECサイト内での検索を少し頑張るだけで、埋もれている商品が見つけられます。

もっというと、公式ネットショップなんかはamazonや楽天に載せていない商品もあるので、目を通すと良いですよ。

ECサイトで、商品購入の際の何を考えての購入するかの順番に、「商品価格」「送料や手数料」「ポイント還元」その三つが来てから、「品揃え」や「お店の信頼」などあります。

数多いネットショップから探すのは大変ですが、お気に入りのお店を見つけると次からリピーターになります。

amazonも楽天も頻繁にセールが行われますので、それをチェックすると良いでしょう。

では。

コメント