疲れないスーパーやドラックストア業務の靴

安全靴

疲れないスーパーやドラックストア業務の靴

スーパー従業員やドラックストア従業員に従事している方々で足の疲れに悩まされている方がいるのなら、疲れない靴を履きましょう。

疲れないという靴は快適な靴です

長時間履いていても疲れにくい。
立ちっぱなしでも安定感のある靴。
体の加重に耐えきれる靴。
歩きっぱなしでも疲れない靴。

そんな靴はスポーツメーカーの安全靴だと思います。

その理由と要点をまとめてします。

良かったら、ゆっくり見ていってね。

スポンサードリンク

足を痛めさせない

スーパーマーケットやドラックストアで一番時間を費やすことは配置場所の違いもありますが。

レジなどの立ち仕事。
陳列させる時の立ちっぱなしの姿勢。
中腰になった時の足の立てひざによる足の指の付け根の30度ぐらいにアーチ状に曲げると、そこに体重が載ってしまう。

こういう工程が毎日同じように体にかかると疲れてしまうし、加重による体の骨などの痛みなどが中腰の時に足やひざに掛かってしまいます

その為に、予防として、良い靴を履くことです。

私は安全靴をおすすめします。

ソールの面積が広くて立ちっぱなしでも疲れない

アシックスの安全靴を例に挙げて、ソール面積が広いので、床との足がフィットするので安定します。

ソールの面積が横にあるんで、立ちっぱなしでも安定して立っていられるので、ふらふらしないし、良い姿勢は腰や体に負担がかからなくていいのです。

加重によるソールのクッション性

中腰による足の指の付け根のところに加重が掛かるとどうしても足の指の付け根の骨が痛くなったりします。

そんな時にソールのクッション性があるものは足の加重をクッションが和らげてくれます。

このソールのクッション性があるから体勢を変えた時に、痛くありません。

 

ソールのクッション性の機能が高いと、立ちっぱなしの時も疲れません。

ソールのクッション性が機能していない靴は、ソールがぺらっぺらで、歩くたび痛かったり、立ちっぱなしで足、膝、腰にきてしまいます。

クッション性がいいとそれが無いのでいいのです。

それに、インソールの中敷きのクッション性もあるので、外ソールと中敷きで負担を軽減させてくれます。

長台車やかご車の事故防止

長台車やかご車を運ぶとき、特にペットボトルなどの飲料水を載せて、足でも引いてしまったら、とんでもなく痛い。

足を怪我するので。

怪我は疲れていて、眠かったりして、うっかりした時とかに及ぼすから、そうゆう時にしっかりと予防しておく。

安全靴の先には足先ガードが入っています。

足をかご車で踏んでしまった時に守ってくれます。

しかし、足先にしか入っていないので、横からの衝撃は足を痛めてしまうので。
そんな時は人工皮革のような靴を履きましょう。

幾らか、横からの衝撃を食い止めてくれます。

「痛い」「やってしまった」と指を痛めたことある方は、安全靴を履くといいでしょう。
足先ガードが入っているので万が一の予防になります。

パイル地の靴下

安全靴とセットなのが、良い靴下。

中でも、登山靴用に靴下は生地がパイル地になっているので、素材がふかふかなのです。

パイル地の靴下はこのように、靴下の中がじゅうたん状になっていて、ふかふかな靴下です。

これはスマートウールです。

少し高いですが、常にじゅうたんの上を歩く感じの靴下です。

こっちはYUEDGEです。

パイル地の靴下は普通の靴下よりも厚いのが特徴ですので、靴が大きなサイズや、靴自体がぺらっぺらに伸びた様なときに穿いてみると、靴下の性能の違いがよく分かります。

こっちは少し小さいパイル地です。

消耗もしやすいのですが、安くて穿きやすいです。

安全靴を選ぶときの注意点

安全靴を選ぶときの注意点があります。

それは、足先ガードが入っているので、ぴったりサイズで靴を選んでいる人は、大き目を選んでください

足に硬い樹脂のキャップが付いているので、小さいと歩くたびに足の指があたって痛いので、大き目です。
普段履く靴のサイズよりもまた大きい方がいいです。

それだけ気を付けてください。

まとめ

体を疲れさせないことが大切です。

レジ打ちをしていて、立ちっぱなしでふくらはぎがパンパンになる。

一日中陳列作業で歩き回る。

毎日の作業で疲れが溜まらないようにするにも、良い靴を履くことです。

安全靴と言っても、安い安全靴ではなく、運動靴メーカーの安全靴を履くと仕事の効率も捗ります。

 

痛みを気にして仕事をしないで、快適な靴を履きましょう。

ホールド感のある靴は、体勢を維持できるので良いのですよ。

良い靴は体にも楽でいいです。

そこまで高くも無いので、将来、体が痛くて。ってならたい為にもいい靴を履きましょう。

では。

コメント