Sponsored links

昔ながらのかっこよさニューバランス368

スニーカー
Sponsored links

ニューバランス 368 NEW BALANCE 368

ニューバランス368とは

私の私見なのですが、ニューバランス368は昔の昔365日履けるようにと。ニューバランス365の後継モデルだと思います。

今ではニューバランス365はハイテクスニーカーとして発売されていますが、旧ニューバランスM365は今では絶版で発売されていません。

その、ニューバランス365→366→367→368(今ここ)と言う感じです。

元々のコンセプトが365日履ける靴がコンセプトだったような気がします。

それの後継なので、同じコンセプトだと思います。

amazonからの商品説明です。

デイリーユースからウォーキングまで多彩なシーンにフィットする、「ニューバランス」のスニーカー“368″。
「ニューバランス」のベーシックなランニングスタイルは、幅広いコーディネートに取り入れられそう。
快適な履き心地を実現しながら魅力的なプライスを実現した男性用モデル。シンセティックレザー/メッシュのアッパー

ニューバランスは574や996がスエードを使っているから、スエードのイメージがあるかもしれませんが。
ニューバランス368はシンセティックレザー(合成皮革)を使っているので、今まで履いたことある感じとは少し違います。

シンセティックレザーのニューバランスは高い靴でも出ています。でも、そんなに私の中ではニューバランスのイメージではないのですが、最初の申し上げた「コンセプト」です。

365日履ける靴なので、手入れがしやすく、汚れが落ちやすいところからもシンセティックレザーなのかもしれません。

ニューバランス368はダサいという口コミ

「ニューバランス 368」と検索すると「ニューバランス 368 ダサい」と出てくることがあります。

理由も分かります。

今となっては、ニューバランスは若い子が履いていますが、それは2010年か2000年後半からだと思います。

2000年前半はリアルマッドヘクティクがニューバランスを流行らせて、原宿で見かけるようになって、教授(坂本龍一)も履いていたこともあり、2010年10年ぐらいかけて日本の流行になっていったような気がします。

それ以前はどうだったの?と言う話なのですが。

文献集めとして、持っているスニーカーの雑誌なのですが、1997年の雑誌にはニューバランスは全く載っていません。

そもそも、ニューバランスはあまり市場に出回っていなかったんですよ。
売っているところも少なかったし。

昔のニューバランスのイメージはおじさんが履く靴。

それがニューバランス 368に出ていて、カラーが渋い色しか出ていません。

このニューバランス 368のフォルムを見てくだされば分かると思いますが。

昔の古臭いニューバランスのシルエット、フォルムなので。
細くて長い感じの。

色も暗めの色しか発売されていない。

だから、ニューバランスの574はたくさんのカラーが出ているので、それからしたらダサいとなってしまうからですが。

昔のニューバランスっぽくて私は好きですが。

古典的なニューバランスクラシックシリーズです。
そのダサっぽさが昔の流行だったのですが、最近の若者は、ニューバランスの流行もそのダサい感じから流行したんで。

クラシックグレー、ニューバランスグレーの渋いニューバランスなので。
それを知っているとまた違って見えてきます。

ニューバランス300番台


ニューバランス300番台なのですが。

私の思い出は、中学生の時にスニーカーニューバランス300番台を履いている人が多くて、330番台340番台360番台370番台のここら辺です。
Nとかかとの所だけ色が付いて後は白カラーの靴だったのですが。兄弟が履いていてなんとなく覚えています。

私の時代は1990年代のスニーカーブームの時代なので、その時にニューバランスを履いている人は本当に珍しいです。

その中で手に入れやすいのがニューバランス300番台だと思います。

私のニューバランス300番台のイメージはモデルチェンジされると発売されない気がします。

30年ぐらいの中で小さい頃に見たニューバランス300番台は見ていないので。

因みにニューバランス300番台はエントリーモデルのニューバランスですが。
最近は300番台でも高い物も発売しているので、今はちょっと違ってきているのかもしれません。

ニューバランス368の特長

amazonや楽天市場で値段が安く売っている

私は楽天市場で買いました。

送料は掛かってしまうのですが(その時は500円)、楽天スーパーポイントも使って買えたので、安く買いました。

それでも4,000円で買えるので、ニューバランスの靴って高いじゃないですか。かなり安く買える靴がニューバランス 368だとも言えます。

ニューバランスがどうしても履きたい人はいいかもしれません。

詳しい人は分かりますが、詳しくなかったら、番号を見ても分からないですから。

楽天よりもamazonの方が安く言っている様な気がします。

楽天の場合はお店によって梱包の差があるので、箱がつぶれてくることも多いですが、箱がつぶれるのが嫌なら、amazonプライムで買う。と言う感じです。

ワイズが2Eもある

ニューバランスクラシックシリーズにしては珍しいワイズが2E(EE)もあります。
普通はDですから。ニューバランスは。

型番 M368JBR 2E
BROWN

この革のところがシンセティックレザー(合成皮革)です。

シューズ取り扱え説明書が付いています。
外して。

昔ながらの古臭いニューバランス

形が昔ながらの古臭いニューバランスの形で、おじさん臭い感じが良いです。

つま先からかかとのラインが細い感じが昔のニューバランスっぽいです。
574は独特の形じゃないですか。

ニューバランス368は2Eとなっていますが、574よりもワイズは狭いと思います。
でも、きつく感じることはなく、ニューバランスの中では大き目のワイズ(足囲)です。

ニューバランス365のロゴです。

ニューバランス368のこの古臭さがやっぱりかっこいいんだろうな。って思います。
それと、足の指の付け根のワイズからかかとのエンドに掛けて同じような横幅で来ているので、それも昔のニューバランスっぽくて良いです。

ソール裏はダート使用のソールです。
土の上を歩くこと専用のソールでグリップ力を発揮します。

かかとのロゴです。

足の前からの顔です。

自分の中のニューバランス300番台のイメージは靴ひもにあって。

この安っぽそうなひもが300番台と言う感じです。

このひもが好きなんですよ。
特長のある靴ひもです。
薄い横長の靴ひも。

ひもを自分の履きやすいように付け換えます。

靴べろの中の型番表記です。

 

思ったのがニューバランス500や574と比べて靴べろが薄いです。
他と違うのがポリウレタンの様な反発剤の靴べろと言う感じです。

履いてみて、クッション性はありますが、他との違いは少し薄いです。痛くは無いです。

中敷き(インソール)なのですが、他の中敷きと比べて、クッション性があるところです。

中敷きはアーチ状にはなっていません。

その他の中敷きと比べて、574は柔らかい中敷きなので、368は硬くて反発する中敷きなので、中敷きのクッション性が長く持続させやすい物なのかなって思いました。個人的な感想なのですが。

中敷きを重ねてみると分かりますが、ワイズがありますが、中敷きがくびれていますので、フォルムが細いということです。

ニューバランス368と574の共通なのですが、靴の形があって、カップの様になっていることです。

574程はなっていませんが、支えるようになっています。
500にはあまりカップ感が無いので、そこは368と574は似ているというか、同じ流れのクラシックシリーズなのじゃないかなって。

中敷きのニューバランスのマークが特長があるので、とてもいいです。

履き口は広めで、中のかかとのクッション性とホールド感もあります。

ニューバランス368はめちゃくちゃ軽い

最初、なんて軽い靴なんだろうと思って。
実際に重さを引くことのできるスケールで測ってみて。

台紙を載せて。

そしたらびっくりの軽さでした。

ニューバランス368は267g

ニューバランス574は343g

80gも軽いからびっくりしました。

これは軽いと思って。軽い靴を探している方には良い靴かもしれません。
ニューバランスの中ではワイズのある靴です。

しかし、ニューバランス自体が細いので、他の靴はもっと細いです。

しかし、ニューバランス368はこの細身のフォルムがかっこいいと思います。

ワイズもニューバランスの中では大きいので、当たりにくいです。

履き心地も悪くないです。

クッション性もいい。

ただ、スエードの柔らかさの様なのに慣れていると、合成皮革に慣れるのにちょっと時間がいるかもしれません。

ソールはダート向けの作りなので、山道やあぜ道などを歩いて登校する様な方や散歩する方に良いかと思います。

このソール溝が深いので、地を捉えてくれます。

かかとのクッション性もあります。

私はこの、同じソールのニューバランス500で日本をいくらか旅していたので、この同じソールの靴を履いていましたが、履きすぎて溝が無くなっちゃって。

溝が無くなったら換え時ですね。

ソールがダート向けとお伝えしましたが、アッパーも汚れても汚れを取りやすかったり、メッシュのアッパーもほこりの入りにくいメッシュ地なので、運動系でも性能を発揮できると思います。

かかとのホールド感も良く、かかとにニューバランスのロゴもいいです。

ニューバランスぽいです。

靴のサイズ選び

ニューバランス368はゆったりとしているニューバランスの靴なのですが。
大切なのは靴のサイズ選びです。

サイズ感が合わないと足を痛めてしまいます。

靴の選び方で大切なことは足先のゆとりです。

私は成人男性で1.5cmから2.0cm、成人女性で1.0から1.5cmの足先の空きを作って靴を履いてもらいたいです人の足はむくんだり、曲げたりして、人の足のサイズは絶えず変化します。
それも人によってさまざまです。

それなので、ゆとりを空けることが大切です。
夕方になると足はむくむし、デスクワークしていても血行が悪くなってむくみます。
日々の生活で履くことを考えての大きさを選んだ方がいいです。
靴も伸びたり縮んだりします。
そのことを意識して靴選びをしましょう。

まとめ



ニューバランス368はニューバランスを初めて履くような方には手の出しやすいスニーカーだったり、運動靴だとも言えます。

ニューバランス368は形がクラシックシリーズなので。ファッションにも適しています。

初めてニューバランスを履くっていう方には安いから、試しに履いてみる感じで良いでしょう。

私の場合は懐かしく、300番台を履きたいから買った所があります。

感想が、非常に軽い。

それと、懐かしい。

そうそう、一番はラインがかっこいいんですよね。細身のラインです。

ニューバランス 365の後継モデルなので、結構履くのも楽しみ。と言う感じです。

安っぽさがありますが、その安っぽさも昔の感じが懐かしく思い出されていいかなって。

それと、ニューバランス340が絶版になってしまったので、その代りに履く人も多いです。

自分サーチで調べました。
意外といらっしゃってびっくりしました。

ニューバランスの人気は574や996ですが、368のいいところは、履いている人が少ないか、私の様に365を懐かしんで履くような方。

人とは被りにくいニューバランスだと思います。

例えば、中学生はニューバランス574や996を買うには、ちょっと高すぎる。って時に、ニューバランス368は手に出しやすいから良いと思います。
実際にそういう感じの靴ですから。

同じクラシックシリーズの流れの靴なので良いです。

私のニューバランス368の好きなところは368のロゴです。
365の血統みたいな感じです。
それと、中敷きのロゴが好きです。

後は好みと、自分が好きで履いているという気持ちがあれば、口コミやレビューの評価などは気になりません。

そんな靴なので、かっこいいから私はおすすめできる靴です。

皆様も是非。

 

他、ニューバランス記事
あわせて読んでいただければ幸いです。


ある意味お買い得 ニューバランス500NEW BALANCE500(人と被らない)
ニューバランス 500(NEW BALANCE 500) ニューバランス 日本での流行の歴史 ニューバランスは今ではみんな履いていますが、昔、リアルマッドヘクティク(原宿のキャットストリートから裏原に向かう交番と階段とスロープあるあそこ...

 

コメント