スポンサーリンク

【かっこいい】1980年代を履ける靴プーマTX-3

スニーカー

PUMA ONLINE STORE

スポンサーリンク

puma TX-3

プーマのスニーカーが好きで、ローテクのスニーカーが欲しくて、1980年代に発売されたTX-3が再びTX-3復刻モデル発売されるというので買ったんです。
買ったのは2015年11月です、amazonで買いました。

でも、今ではほとんど売っていなくて、ミタスニーカーだったり、老舗スニーカー屋さんだと取り扱っていたりします。
現行がこれです。
TX-3




正しい名称はPUMA TX-3 NM

この時の色はライムストーン グレイ/ヘリオトロープ/ノーマッドのカラーを買いました。
当時復刻した時のプーマオンラインでの記事です。

2014春夏に復刻を果たし、大人気のTX-3のNEWカラーモデル。引き続き今期も続くビンテージランニングスニーカースタイルのコーディネートにぴったりのアイテムです。

<TX-3 – PUMA Archive>
1987年にプーマより発売された、当時人気を博したハイテクランニングシューズが、2014春夏?ライフスタイルシューズとして復刻。発泡ラバーアウトソール、TPUのエクスターナルヒールカウンター、中足部のフレックスパッドの3層構造ソールで、クッション性に優れています。
合成繊維+天然皮革+人工皮革+合成樹脂(ポリウレタン)/合成樹脂(EVA樹脂)/ゴム底

自分は昔、記憶が定かではないのですが、TX-3を見たことがあって、「かっこいいな」と思って、大人に成って買う機会が出来たので、買ったんですよね。
1990年代に見た様な。そんな記憶です。

自分が持っているTX-3です。
紫が入っているのでかっこいいなと思ってこの色を買いました。

TX-3の一番かっこいい特長はソールやアッパーに派手な発色ではなくてさりげないカラーの使い方です。
当時はハイテクスニーカーと位置付けられていたプーマTX-3。時代はエアマックス1が出た時やその後にリーボックポンプシステムが出来たぐらいの時期なので、ハイテクと言っても、昔はこれかかなりハイテクな部類のスニーカー。

メッシュやスエード、人工皮革、合成樹脂とかかとからアッパーに掛けて、素材が使用されているので、当時のハイテク技術が靴に表れているので、時代を感じながら履けるスニーカーです。

靴べろの所に蛍光塗料が付いているのと、靴ひもが2本付いています。

自分は落ち着いた色合いで履きたいから灰色の靴ひもにしました。

特にソールがかっこよくて、踏み込み部に空洞があるのと、ソールの色使いが派手ではなくさりげない色合いなので、服にも合いやすい。
かかとのプーマのロゴがまたかっこいい。

ソールのグリップ性もあります。
クッション性もあるので履きやすいです。

たった一つ欠点をあげるとしたら、靴べろは薄いことです。

本当に薄いんですよ。

TX-3は1980年代のハイテクランニングシューズとして作られた靴です。
ここに並べたのは全てランニングシューズです。

昔で言うとリーボックGL1500とプーマTX-3は同じぐらいの時期の靴ですが、靴べろだけ薄いので、動きやすく、靴ひもが直に足に感じることです。

それ以外は欠点も無く、とてもかっこいい靴です。
個人的に1980年代のスニーカーを履くのが好きなので、復刻されることも少ないので、復刻の際は買った方がいいです。

余談なのですが、同じスニーカー屋さんでも、楽天市場の店舗とyahooショッピングの店舗とを持っていても、こうゆう復刻のスニーカーは記載にばらつきがあります。
楽天には載っていなくて、yahooでは売っていると、そんな現象が起きます。

私は発売当初にamazonで買ったから買えましたが、今では買えるものは日本で発売していない海外の並行輸入品とかそういったものだったり、お店独自のルートで仕入れたものだと思います。
本当はプーマオンラインストアで買うのがいいのですが、今では売っていないので、自分調べなのですが、TX-3は楽天は少し、yahooは多く売っていますので、欲しい方はよかったら。
楽天市場>PUMA TX-3
yahooショッピング>PUMA TX-3

余談なのですが、プーマ正規店は正規店でしか手に入らない正規店オリジナルの靴があるのが魅力です。

分かりにくかったなら、トップページにSALE開催中と上の方に有りますので。そこのシューズを探すとセールのシューズがあります。
結構いいですよ。

PUMA ONLINE STORE

コメント